英語の音とスペリングについてのはなし

  1. アルファベット順には学ばない

    こんばんは。Emilyです。今春開講した小学低学年キッズクラスでは今週UQWとOを学習しました。アイラニ英語教室では、Aから順にアルファベットを学習いたしません。順に学ぶことのメリットは辞書を速く引けるようになること。はじめからABC順にする利点はありません。

    続きを読む
  2. 英語学習におけるフォニックスの効果

    こんにちは。 Patsyです。今日は、アイラニ英語教室 小学4年生クラスの様子をお知らせします。わたくしたちが提供しているフォニックスのルールは、もともとは中学1年生を想定して作られたメソッドですので、簡易化し、小学校4年生でも学習できるように工夫をしております。

    続きを読む
  3. 中学進学前に築くハイレベル・フォニックス

    今日はアイラニ英語教室で2年間音と綴りのルールに特化して学習した小学6年生クラスの授業参観を行いました。何百もの単語のリストに並ぶ単語を次から次へと発音し、私の読み上げる単語を筆記体で綴ってくれました。「見たら発音できる」「聴いたら書ける」ようになってきています。

    続きを読む
  4. ネイティブの発音を聴き取れるようになるには

    ネイティブの音を聴き取れるようになるにはどうしたらよいのか?その答えの一部をアイラニ英語教室 フォニックスクラスの発展編の様子からお話します。フォニックス学習2年目の終わりを迎える小学6年生は今月音の弱まり(reduction)の学習の総仕上げに入っています。

    続きを読む
  5. 母音に影響を与えるrの話

    英語の音とスペリングの話 R英語を味方に世界にはばたく子どもを育てるアイラニ英語教室 エミリです。今日は、今年に入り小学6年生と学習しているrのルールの話をします。

    続きを読む
ページ上部へ戻る