ブログ

ハロウィーン 絵本の紹介その1

アイラニ英語教室

アイラニエミリです。

 

今日はハロウィーンにおススメの絵本をご紹介します。

こちらの絵本はEnglish as a First Language母語として学習する英語の教材。

アメリカの子どもたちが楽しめるように作られています。

 

幼児向けの絵本の多くはフォニックスが組み込まれていて、スペリングと音のルールを楽しめるようになっています。

私たち日本人の感覚で言えば、橋と端 一と位置の同音異義語を扱ったり、あたま から あ を取ったら たま

等のように言葉遊びするのと似ているかもしれません。

 

こちらの絵本は、めくる絵本になっていて、左右めくる方向によって

美味しそうな食べ物がでてくるか、子どもたちが「おえぇ~」と言うようなものがでてくるか

楽しみながらめくることができます。

 

そして、その二つのセットの単語の音がミニマルペア つまり、一音だけ違うペアになっているか、

最後の音が一緒で印を踏むようになっているので

心地よく進めることができると同時に言葉を発することの面白さを味わうことができます。

 

Goblin’s Wee ゴブリンのおしっこ

Strawberry Tea イチゴ茶

 

A Grumpy, Burnt Ghost 不機嫌な焦げたおばけ

Some Crunchy Hot Toast パリパリの熱いトースト

 

Slimy Frogspawn ぬるぬるのカエルの卵

Toffee Popcorn      タフィー*のポップコーン

*糖蜜と砂糖を加熱して作る菓子

 

韻を踏んだ単語をインプットしておくことで

音を分解できる能力が育っていきます。

1音違うだけで意味が変わるということを

楽しい絵本の中で学ぶことができます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る