ブログ

『超フォニックス』学習 知的好奇心をくすぐりながら

こんにちは。

アイラニ英語教室のPatsyです。

今日は中学受験を目指しながら『超フォニックス』を学習している小学6年生のM君のご様子をお伝えします。

M君、最近は受験勉強で磨かれた勘の鋭さが冴えています。

 

先週は、”er”の綴りに関するレッスンで、perが出てきました。perは、「…につき」という意味の前置詞です。一週間につき5ドルなら、5 dollars per week (5 dollars a weeka=perのことです)

 

知識欲旺盛な生徒さんには、こんなコトバ遊びで、英語の面白さを知ってもらいます。

「日本の食料自給率って何パーセントか知ってる?」

39パーセントです」とM君。

「さっすが~、よく勉強しているね!!」

ホワイトボードに“percent”と板書して、

centって数を表すのだけれど、いくつの事だか知ってる?」

「・・・」

39パーセントって、何分の39だと思う?」

「あぁ~、100分の39だ!!」

centってアメリカの通貨単位のセントと同じだけれど、100のことだよ」

centuryと板書して、

「この言葉、聞いたことある?」

「センチュリー・・・。はい」

1世紀のこと。じゃあ、1世紀って何年?」

100年かぁ~」

centuryって言葉の中にもcentが入っているでしょ」

M君、ニコッと笑って納得。

 

知的レベルの高いお子さんには、知的好奇心をくすぐるようなアプローチで、覚えるのが苦手なお子さんには、何度も繰り返して丁寧に!

をモットーに英語の面白さを伝えています。

 

exは、「外」「無」「非」「チョー」「元」(元カレはex-boyfriend)、

interは「中」「間」「相互」「以内」などを表すという知識があると、

初め出会った単語も推測できてお得です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る