ブログ

イースターエッグをつくりました

  • アイラニ英語教室のEmilyです。

今日は小学低学年のクラスでイースターエッグを作りました。

イースターエッグの写真

イースターはキリスト教の学校では必ずお祝いする行事。生徒さん方は皆さんご存知でしたが、イースターエッグを作るのは初めての方が多かったようです。

イエスキリストの復活を祝い、春の訪れを祝って作るイースターエッグ。

英語学習が初めての生徒さんが多いので、初年時の今回はプラスティックにマスキングテープとシールを貼ってイースターエッグを作りました。来年はイースターエッグペインティングに挑戦したいところです。

 

年齢の低い生徒が対象の時も同じようにイースターエッグを作りますが、認知レベルに合わせてその時に使う英語や、やり方を変えて少しチャレンジングにしています。英語教育ではよくi+oneと呼ばれていて、できる事より少し難しいことを提供しています。

イースターエッグの中には四角、丸、三角、星、ハートなど様々な形のプラスティックを入れて音が鳴るようにしました。もちろん、それらの形について学習し、て好きなものを英語を使って選びながら制作いたしました。簡単な遊びの中に英語を使う機会をなるべく多く入れて、「これが欲しい」という欲求を満たすためにツールとして英語を使います

Which one do you want?の質問に対してI want this one, please.はもう言えるようになりましたので、

今日はI want the (色)one, please.という言い方を練習しました。

そして、自分が選んだ型を並べてI have a purple star, green square, blue heart, red triangle, and brown diamond.のようにまとめました。

英語を教科として学ぶのではなく、繰り返し練習しなければならないこととして植え付けるのでもなく、目的のために使うコミュニケーションツールとして体験・認識していってもらいます。

この他にも挨拶の練習、歌、絵本を2冊読みながら表現を練習などなど皆さん集中力を切らさずにたくさんのアクティビティーをしました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る